HOME>Review>自作PCを作る人の目的は様々。実際の声をチェック

自作PCを作る人の目的は様々。実際の声をチェック

パソコン

一体自分がどんな用途でパソコンを使うのか、それを分かった上で自作PCを作れば、快適な環境が作れます。最低限のスペックにする人もいますし、高性能のスペックを作る人もいます。

この話題の口コミ

インターネットをしたくて作りました。低スペックでも満足です。

ヒマな時間にインターネットで動画を見るのだけがシュミです。スマホの画面を見続けるのは辛いので、大きな画面で見るためにパソコンを自分で組むことにしました。ノートパソコンを買うことも考えたのですが、インターネットさえ見られればいいので、正直、余計な機能が多すぎです。要らないものは要らないからその分安くして欲しいと言いたいところですが、そんなものは無いので自作PCのほうが早いなと。動画も見るだけならCPUも低価格のもので十分ですし、メモリも4Gもあれば十分です。ハードディスクも別にテラ単位で必要ないので、400~500Gもあれば十分すぎるくらいです。その分、Wi-Fi規格にはこだわって最新の11acにしてあるので通信速度も十分です。後は浮いたお金で大画面モニタを買うつもりです。
[30代|女性|主婦]

断然ネトゲ用です!高性能のパーツは全部通販で揃えました。

ネトゲするなら常識ですが、ハイスペックPCでないと意味がないので、自分は自作PC以外選択肢は無いです。自作PCなら安く済むというよりは、とにかく自分で納得出来る性能でないと気が済まないので、結構投資はしています。一番最初に立ち上げた時が費用が一番かかりましたが、今はもう換装だけなので安く高性能に育っています。パーツは探しに行かなくてもネットで安く買えますし、つい最近もグラボを通販で買いました。基本的に、やりたいゲームの推奨動作環境を遥かに超えるスペックのほうがやってて気持ちいいですしストレスがありません。大手メーカーのゲーミングPCは当然魅力ですが、とても買えるような値段ではないので自作のほうがおすすめです。
[20代|男性|営業職]